ビジネスを勝利に導く方程式は様々です。時代や業種によって多種多彩であり、臨機応変にセオリーを使い分ける必要があります。王道的な教科書や経営者のセオリーが、今日も通用するとは一概に言えません。
現代には現代の事情があります。また一昔前までバイブルとして扱われていたビジネスの教科書に、まるで記載されているのが、ネットを使った販促活動の事です。
当然の事ですが、ネットというメディアが普及したのは、ほんのここ最近であり、昭和の頃にバイブルとして推奨された米国や日本人経営者のハウツー本を、ただ真似するだけでは、今日のビジネスシーンで安定したマーケティングが出来なくなりました。
新聞や雑誌広告、テレビCM等とは違う、全く新しい媒体をどう活かしていくか、この視点がビジネスパーソンに求められています。

消費動向の変化に適応しなければいけません

現代の消費者の大多数はインターネットを利用しており、企業の物やサービスも主にネットサーフィンで探します。世間でただ流行っている物やサービスを消費する、そういった時代は終わり、現代では個人個人がその時、自分自身が欲しいと感じる物を、ピンポイントで買うようになって来ました。
インターネット通販サイトも普及し、個人個人が世間のトレンドよりも自分自身の必要性を羅針盤にして、商品を比較検討するため、プロモーションをする企業側も、その消費動向の変化に合わせたスタンスが求められます。
特にネットサーフィンで物やサービスを検索する消費動向が急増しており、検索サイトを利用した時、その検索結果が表示されるページに、テキスト広告を出したり、検索結果に関連したバナー広告を出したり、商品のプロモーション動画を掲載する等、企業側も能動的な販促活動が必要です。

宣伝らしくない広報活動が、現代では効果的です

また最近のマーケティングのトレンドとして、販促活動に見えない形でプロモーションをするスタイルが主流になってきました。いかにもCMです、という宣伝手法は現代の消費者には返って嫌われてしまいます。テレビCMを見ても、最近はドラマ風に演出したり、ストーリーを重視したりと、一つの映像作品としてのクオリティ追求を行っています。
ネット上で宣伝活動をする際も同様です。ネット動画をアップして宣伝する際も、ただ漠然と製品のメリットを羅列するだけではなく、テレビショッピング風に丁寧に物やサービスの強みを、出演スタッフが説明する等、ただの広告に見えない形にする工夫が必須です。
またSNSやブログの活用も大事です。最近は多くの大企業がSNSを活用して、イベントや期間限定サービスの告知をしており、非常に高い効果を出しています。